MTB in 天増川林道

Jun.7.2012


イイお天気だしロードでどこか行こうと思っていました

ところが急な用事で午前中は台無し。。。

お昼のパンを食べならがネットを見ていたら

ふと天増川林道が頭に浮かびました。





天増川と言えばそれなりに知識はあります。

高島トレイルを繋ぐ時と

山スキーで行く時に少し下調べをしていたので。

でも実際には

① あまりにも長い林道であることと

② 車のデポが必要で一人では難しいということ

③ ゲートがあって入れないのでは?ないか?ということ

などの理由でこの林道を使っての山行は不可能と思っていました。

噂ですが渓流釣りの人しか入れないという話も耳にしていましたので・・・




でも今日はふといろんな構想が思い浮かび

登山でならこう・・とか

MTBでならこんなふうに・・・とか

思いはドンドン膨らみます(笑)

で、私のことだから、思いついたら吉日

一度しっかり下調べする必要がある!と

午後からではありますが、出かけることにしました。







道の駅・若狭熊川宿に到着したのがすでに午後1:45

すぐにMTBで出発

R303から天増川の方向に向って走ります。

1分も走れば、福井県若狭町から滋賀県高島市となります。






       R303から天増川へ
画像






       お地蔵さん
画像






12~3分で集落に着きます。

小さな橋を渡って道なりに進みますと上にお寺が見えてきます。

その前がゲートになっていて釣りの人はここで入渓料を払うみたい。

黙って入っていいものかどうか迷いますが

村の人とすれ違いましたが何も言われなかったのでホッとしました。

が。犬に吠えられビックリしました

ドキドキしながらロープの隙間から入らせて頂き、先に進みます。





       走りやすい林道
画像






       天増川起点
画像






       梨子木を過ぎてしばらくで六ッ石
画像
 





       六ッ石の集落跡
画像






林道はほぼ天増川に沿っていて迷う事もなく

林業や渓流釣りの車も入るので整備してあります。

出発から1時間ほど行ったところで2台ほど車が止まっており

林業の方が作業されていました。

「今から登るの?」

と心配そうに言ってくれるので

「登りません、ちょっとこの先の偵察に・・」

と話してお別れします(山登りではないので・・・)



林道ですが、実際には登山同様、かなり登ります

(たぶん標高差650mとかそんくらい)





画像
       





       しんどい・・・休憩
画像
 





       こんな橋が何箇所か
画像






       水谷の登山口 PM2:55
画像






       橋のところに滝を発見
画像






この付近から少しずつ道が荒れてきます。

見たこともない動物にも遭遇

イノシシでもない、鹿でもない、誰?アンタ・・・

訳も無く「ワンワン」とか吠えてみる

・・・逃げた 





       日当たり良し・・・暑いっ
画像






汗が噴き出ます、真夏みたい

塩アミノなるゼリーを補給・・・何となく生き返る。





       倒木&林道崩壊
画像






片手にチャリを持ち、ずり落ちそうな道の端を慎重に・・・



何とか通過したけど帰りはどうする?? 

ここまで来たら行くしかない  





       川幅が狭くなってきた
画像






       天増川源流は美しい湿原
画像






時間があれば湿原に下りてみたいくらい

美しい・・・花も沢山咲いています。

素晴らしいところでした。

しかし気持ちとは裏腹に足は超ダルい

道の状態も悪くなってきて時々押し歩きとなります。

すると近江坂の取り付き看板発見

道は・・・荒れていそうな雰囲気でした。

写真は反対から撮ったので

実際は林道の左側
です。





       近江坂の入り口
画像






       電波塔跡への分岐
画像






ここは以前能登野~三十三間山に来たときに

「大日」まで歩いたことがあり通っています。

懐かしい道です。

ここまで来たら電波塔跡まで行って展望を楽しまなければ・・・

でももう自転車に乗る元気はなく、完璧に押し歩き

それでもヘロヘロ





       広場から三十三間山を望む
画像






       若狭町と日本海も見えます
画像






       野坂岳
画像






       ここから大日尾根~三重嶽へ
画像






若狭湾や三方五湖なども見えたのですが

写真がうまく撮れませんでした。

景色を堪能し、下山です。

登りではちょうど2時間30分かかりました。

下りは道の駅までジャスト1時間でした。





       ゲート着
画像






       R303
画像






       
       PM5:20 若狭熊川宿 道の駅着
画像







MTBもザックも、髪も顔も・・・全て泥んこ(笑)

道の駅で小浜の人に「どこ行って来たの?」と聞かれ

  はずかしい

説明すると

「へぇ~いろんな遊びがあるんだね・・・すごいね」 

「動物にも会うでしょ」

「何かあったら怖いね」

とか・・いろいろ話を




あまりにも泥んこなので「シートが汚れる」と 

タオルをくれたり・・・  

○○自動車の印字、会社のタオルだそうです。

とっても優しい紳士でした、ありがとうございました。





あ~半日でしたが、目いっぱい遊びました。

意外と疲れていない(笑)



即効で帰り

MTBやザックを洗い

洗濯物を取り入れ

何事もなかったように晩ご飯を作る

何事もなかったように

何事もなかったように・・・・

 爆睡でした(笑)




次の計画にも繋がったし、めでたしめでたし





             

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Fumi
2012年06月08日 21:52
単独での山中。
孤独な2時間半の登りは辛かったでしょう?^^
何と戦ってたのか知りませんが(笑)
よく頑張られたと思います。^^

見たこともない動物は、
日本の山で、クマでも、シカでも、カモシカでも、イノシシでも、タヌキでも、アライグマ(--+)でもないとあらば、
アナグマかハクビシンですね。^^
それ以外の獣だったら、ちょっとした事件です。^^
みれ
2012年06月09日 06:43
Fumiさん、おはようございます。
あの林道の登りはゆるゆると
登るので楽しかったです(*^_^*)
やっぱりピークハンターの血が騒ぎ
最後まで登ってしまうんです・・・

あの動物、鹿かイノシシか・・・
ビックリしたので不思議な動物に見えただけ?
もしかしてすごい発見だったかも(笑)

この記事へのトラックバック