ひとりでできるもん in 栃の木峠

10/29(金)


天気予報では晴れマークは今日だけ
午前中にやるべき用事を済ませて
昼ごはんも食べずに着替えて準備
飲み物とカメラだけ持って急いで出かけます。

さて・・・どこに行こう。
空を見ると雲は多い。
それに最近は日が暮れるのも早いので遠出は難しいな。

だけど久しぶりに冒険もしてみたい。
この前お話に出ていた栃の木峠越え・・・
やってみるか

よ~し
「ひとりでできるもん in 栃の木峠」 だ~






午後から出かけると市内が核心
寒いと思って上着を着て出たけど
暑くなってすぐに脱ぎました。


新保から木の芽峠トンネルへ
途中、工事中の箇所があるので注意が必要です。
山沿いの日蔭に入るとやはり寒い。
市内とは気温が2~3度違います。







       トンネルを越えて余呉方面へ
画像







以前、途中まで行って急坂が見えた途端に
あれを登るのかと恐ろしくなり引き返したことがあります。
今日も前方に白いガードレールが・・・
でもがんばるのです。
よし、気合を入れて行くぞ~


ドキドキしながら何とか最初の坂を登る。
ん・・・
登ってみれば何とかなりそう


時々トラックとすれ違ったり追い越されたり
カーブ手前で後方から大型トラックが・・・
でも私が行くまで待ってくれてる気配がします。
今日の運転手さんたち、とっても優しいよ~
頑張ってコギコギ。
手を挙げて
ありがとうございます
と合図をします。


みんなはこんな登り坂も何のそのって感じなんだろうな・・
私もいつか楽々登れるようになるんだろうか。
今にも止まりそうになりながら必死でコギコギ。


遠くに見える辺りが峠だろーか。
まだまだ・・・まだまだ。
振り返れば365スキー場が見えます。
頑張る、絶対に止まるもんかーーー
鈴・・付けて来たら良かったかなぁ。
クマが出そうなとこ








       わーい、滋賀県に入りました
画像







       やりました、栃の木峠♪
画像







やっと栃の木峠まで来ました。
写真を撮ってしばらく休憩。


余呉に抜けてみたいなぁとか
スキー場に抜けてもいいかなぁとか考えてみたけど
あまり時間もないのでピストンで帰ることにしました。
次は余呉から8号線で帰ろう。


帰りは快適な下り坂です。
かなり寒かったけど
無事に目標まで行けたので、満足でした。
次の目標は・・・ふふふ。
また時間を見つけて頑張ります。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

SIVA
2010年10月30日 20:23
やっぱり・・もう行っちゃいましたか。。(^ ^;
そんな予感はしてましたが、いろいろ頑張ってますね。
ひとりで・・ なんて書いてますが、見掛けだけで中身は三人分ぐらいちゃうか!?と
思わず突っ込みを入れたくなりました(笑)
余呉へ抜けるのは理想ですが、帰りが少し厄介ですね。
私には高いハードルですが、また近いうちに行っちゃうんでしょうねぇ。(^ ^;
Fumi
2010年10月31日 08:55
お~、行っちゃいましたかぁ。
フットワーク軽いですね♪すごいすごい!
行間からはかなり余裕が感じられますよ。^^

滋賀へは下っていないとなると、
次の目標は・・・ふふふ。
楽しそうですね。^^

木ノ本~敦賀辺りは交通の要所ですから、
どの峠を越えるにも気を張りますね。
木ノ本→琵琶湖岸は、旧道の賤ヶ岳のトンネルがいいですよ。
えっ?ふふふって、そういう話じゃないんですかぁ?(笑)

ロングコースや深い峠越えは、
お一人だと、見ている(?)コッチも少々不安です。^^
YAMAさんやぴろぴろさんにエスコートをお願いして、
また御一緒しましょう。
みれ
2010年10月31日 10:19
SIVAちゃんもいろいろ走ってますね。
自転車買って良かったでしょ?
栃の木峠はピストンなら時間的にも
体力的にも全然大丈夫と思います。
滋賀に抜けると時間かかるよね。
一人だとちょっと寂しいかも・・・
みれ
2010年10月31日 10:29
Fumiさ~ん、ありがとう。
行ってきましたよ、頑張った!(笑)
峠越えはやはり一人だと少々不安が・・
パンクも心配だしクマも怖い(^_^;)
それに車等に気をつけて安全運転ですね。
旧道の賤ヶ岳のトンネル!!怖すぎ~

自転車に出会って良かったです。
世界が広がって楽しい~
またいろんな所にご一緒させてください。
足手まといになると思うけど(^^ゞ
頑張りまーすので!

この記事へのトラックバック